FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

おぉ、もう公式練習開始1週間前だぁ!

昨晩、某所でザ・シンフォニカのメンバーと会う機会があり、別れ際に「それでは、来週の練習でお会いしましょう」と言われて、「おっと、そうかぁ、もうそんな時期か」と実感。時間の経つのは早いもので、もう来週の土曜日は、公式練習の開始だ。その次の練習には、山下先生が指導をなさることになっているから、ちと気合いを入れないと。

というわけで、今日は一通り全曲音出し。諸般の事情でハイバリの2ndをしばらくの間吹くことになったので、段ボール箱にまとめてあるスコアの山で探したが見つからず…おかしいなぁ、以前、合奏集団不協和音吹いたことがあった(88.09の所)のだが、スコア買わなかったのか…。なわけで、この曲は音出しできず…あの曲、有名な冒頭の曲は2nd BnとCFgが入ると、ものすんごくアンサンブルがイイ感じになるのを知っているので、責任重大なのだ。結構2ndでも音符が沢山あるので、きちんとやらないとまずいのだ。

プロコの5番は、指の周り具合からいくと、第2楽章がまだ安定しない。リードは、今まで2本使ってきたが、今日は1本だけに絞って練習してみた。こちらのリードは、もう1本よりもややピッチが高めなので、実際にオケの合奏で使ってみて調整しようと思っている。本番は、真冬の2月だから、やや高めのピッチでもおそらく問題ないと思っている。

問題は、「4つの最後の歌」。スコアを見ながらCDを聴いていて感じたが、このオケの編成は、やや厚め。おそらく歌手のソロの音量を考えるとかなりppp抑えるように要求されるだろう。となると、低音域で音程良く弱音が出せるようなリードと奏法を準備しておかなければならない。特に第3曲目のエンディングは、嫌なDesなんかをずーっと吹かされるので、これはBclやHrに気を使って演奏しないといけない。このあたりは、実際にオケの合奏でバランス調整をしないといかんな。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>