fc2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
カテゴリ

[IPOJ] 村上さんの合奏(第2回目)

 午後からのIPOJの練習は、村上さんの合奏第2回目。
 
 最初に「白鳥の湖」から。
 「情景」は、26小節目以降の木管の三連符の動きがうまく流れるようになったが、Piu mossoの4小節目のTrb/Tubの4分音符の動きにブレーキがかかってしまった。
 ここは遅くしないでそのまま前に行くお約束。
 その後、徐々に遅くしていく作りは4分音符で動くところで。
 「白鳥の踊り(四羽の白鳥)」、終わりから4小節前のBnの4分音符が遅れないように。
 
 次に「眠りの森の美女」。
 「序奏とリラの精」、タイで繋がった音符が短めになる傾向(特に管楽器)があるが、響きのあるところならちょうど良くなるのかもしれない。
 「ワルツ」は、Cbが居ないと流れが作りにくいな。
 Trbが3拍目から入ってきて4分音符で刻むところがいつも入りが遅れるか、入りが合っても4分音符のキザミが流れに合っていないのが気になった。
 
 次に「くるみ割り人形」。
 「行進曲」の下降音形は、何も書いていないところも下がるに連れてよく鳴らすように。
 「トレパーク」はテンポを落としてやってみたが、まだかみ合わせが良くない。
 「中国の踊り」は、Bnのキザミが段々と重たくなってくるので、常に軽やかに。
 
 ミュージカル曲は 2ndを代奏でThe Sound of Musicの歌付きの曲。
 「Sixteen Going on Seventeen」と「My Favorite Things」は、Bnは1本だけなので演奏せず。

 最後にWest side storyの歌付きの曲。
 「Tonight」、「Maria」と「Somewhere」、いずれも特に弦楽器の譜読みが足りていないので、練習がうまく進まなかった。

 ミュージカル曲は、11月の中旬以降は、歌手が入って歌合せをするので、合奏や分奏だけでなく各自が時間を使ってもっと予習をしておく必要がある。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーンファゴット練習日記IPOJ

コメント

練習サボり

ありがとうございました。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
年・月別アーカイブ
最近のトラックバック
>