fc2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
カテゴリ

[PB2024] PROJECT B 2024 合奏(第6回目): Vn協奏曲をじっくりと…

 午前中の「PROJECT B 2024」の合奏(第6回目)は、いつもと違う場所にて。
 そのためいつもより30分ほど早めに練習開始。
 Cbがいつもよりも近くに居るのでアンサンブルしやすかった。

 最初にブラームス交響曲第2番から(2nd 担当)。 

 第1楽章、164小節目から3拍目で入る音型の次の小節の頭をきちんと意識。
 246小節目からの2分音符+4分音符の音型で3拍目の4分音符をしっかりと。
 250小節目以降、付点4分音符+8分音符3つの音型で、8分音符3つをきちんとはめること。
 練習記号[I]の3小節前から緩めていって[I]は、冒頭と同じテンポで懐かしい感じで。
 第2楽章、最後の100小節目からのTimp.とCbのかみ合わせ。
 第3楽章、180小節目からの4小節間の弦楽器のかみ合わせ。

 後半は、バイオリン協奏曲今回の演奏会の独奏者である中村 太地さんのソロ付きで(2nd 担当)。

 第1楽章、通してからの返し。555小節目からのstring.の持って行き方の確認。
 頭の旋律のTutti、4小節目の3拍目のFisの歌い方をソリストより指摘あり。
 第3楽章、練習記号[D]の3小節前のfからdim.して[D]のpへ。
 141小節目からテンポを元に戻す。
 第2楽章、64小節目のソロのアウフタクトから後の弦楽器のアンサンブルの確認。
 今日は、返した後にソリストの中村さんからいくつかアドバイスがあって大変参考になった。

 残すところ来週の合奏とステリハのみ。
 ソリストの中村さんとのソロ合わせはステリハになってしまう…。
 何度も同じようなことを指摘されないように注意力と集中力を高めていかねば…。

 今回の演奏会のチケットは、teket にて絶賛発売中
 お越しいただける方は、チケット代が無料になるクーポンコードをお知らせできます。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーンファゴット練習日記PROJECT-B

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
年・月別アーカイブ
最近のトラックバック
>